御聖体と聖母の使徒トップページへ    聖人の歩んだ道のページへ     不思議のメダイのページへ    聖ヨゼフのロザリオのページへ


シロスの聖ドミニコ                              記念日 12月 20日


 11世紀の初め頃ドミニコはスペインのナバラの農夫の家に生まれ、その時代の最も有名な修道者の一人となった。彼は希望がかなってサン・ミリャン・ド・コゴリャのベネディクト会に入り、その学徳をみとめられて修道院長となった。
 その頃ナバラのガルシア3世王が、修道院が所有しているある土地は王家のものだと主張しはじめた。しかしドミニコは非常に強く修道院の権利を防御したために、彼と2人の修道士は追放されて、カスティールのフェルディナンド1世王の許に身を寄せた。
 この王はブルゴス教区内のシロスのサン・セバスチャン修道院にドミニコと2人の仲間を招き、ドミニコに院長になるように頼んだ。その修道院は長い間に霊的に活気を失っていた上に、経済的にも、全く衰えた状態であったが、ドミニコにより徐々に改善されていった。
 少年時代には羊飼いであったドミニコは、教会の典礼や、詩編、聖書、祈祷書などの美しい写本を設けた。そこからスペインでは初めての最も麗しいキリスト教の書籍が作り出されたのである。
 サン・セバスチャンのこわれかけた建物は修復され、全修道院が広くされた。というのは、ドミニコの信心と名声に多数の者がひきよせられて修道士が増加したからであった。裕福な男や女たちは修道院に寄付をするようになった。そして1073年に聖ドミニコが亡くなった時には、サン・セバスチャン修道院はスペインにおける最も大きな修道院の1つになっていた。